冬物クリーニング「 いつ出す」冬が終わるまで「出さない」?

冬物のクリーニングは冬が終わるまで出さない?
冬物のクリーニング いつ出すのがいいの?

冬物のクリーニングは「 いつ出す」それとも冬の間は「出さない」?

冬の衣類のお困りごとクリーニングの知識

冬のアウターは季節途中でお手入れをしましょう。

アウターなどの汚れを落としに最適なのはドライクリーニングです。
服を傷めることなく外側や内側もきれいに洗うことができます。

<スポンサーリンク>

冬物のクリーニング「出さない」あなたの洋服臭くないですか?

汚れていないように見えても実は結構汚れているのが冬のコートやダウンなどのアウターです。
徐々に汚れるので気づきにくいのですが、コートやダウンなどの外側は排気ガスに含まれる脂分が加わった埃やススの汚れが粘着しています。

内側も襟や袖口など皮脂の汚れが蓄積してゆきます。
そんな汚れた衣類は通気性や吸湿吸水性も悪くなり、
さらには保温性も損なわれているので、冬、暖かいどころか冷たく感じることもあるのです。

<スポンサーリンク>

冬のアウターのクリーニングは「 いつ出す」

注意電車の中はアウターの匂いで充満

冬のアウターは1シーズン着るとかなりのの汚れが蓄積します。
朝の通勤電車の中やエレベーターなど狭い場所ではアウターから発生する嫌な臭いで他人に迷惑をかけているかもしれません。

匂いを隠す消臭スプレーばあくまでも一時しのぎで対応することが重要です。
使いすぎは服を固くしてダメにしてしまうことにもなりかねませんので注意しましょう。

春までに一度は洗う中間洗いのすゝめ

そこで、おすすめなのが冬の中頃、1月下旬から2月頃に一度クリーニングすることです。
汚れをすっきり落とせて、その冬の終わりまで気持ちよく着ることができます。

<スポンサーリンク>