旅サラダ五島列島アクセス秋吉久美子2018年12月1日

2018年12月1日のテレビ番組朝だ!生です旅サラダで
女優の秋吉久美子さんが世界遺産を求めて長崎県の五島列島を旅します。

番組の内容は

秋吉久美子さん長崎・五島列島で教会&寺院を巡る!
潜伏キリシタン&遣唐使…島の歴史に思い馳せる!極上五島牛&名物きびなご刺し身も堪能

朝だ!生です旅サラダ
秋吉久美子が長崎五島列島へ世界遺産と歴史感じる&中国上海
2018年12月1日(土) 8時00分~9時30分

<スポンサーリンク>

旅サラダ五島列島アクセス秋吉久美子が見た世界遺産の教会堂

朝だ!生です旅サラダ ゲストの旅
秋吉久美子さんが長崎・五島列島へ…歴史に出会う旅!まずは、
潜伏キリシタンの歴史を知るため教会へ。

五島列島は、五島のうち最大の福江島を中心とする南西部の島々を「下五島(しもごとう)」、
2番目に大きな中通島を中心とする北東部を「上五島(かみごとう)」、そして大きめの3つの島をあわせてその名前の通り5つの島と多くの小さな島からできています。

番組で、五島を訪れた
秋吉さんは実際の当時キリシタンの弾圧に使われた踏み絵を目の当たりにしたり、
五島に渡ったキリシタンが建てた世界遺産の教会堂やキリシタン洞窟を見て、悲しい受難の歴史に心を動かされます。

そして、翌日は、空海ゆかりの寺院で遣唐使など五島の深い歴史に触れます。

<スポンサーリンク>

東京や大坂からの五島列島アクセス方法

世界遺産に選ばれた教会堂やキリシタン洞窟のある
五島へ行くにはどうすればいいのでしょうか。

「五島へ行きたいけど東京や大坂からはどう行ったらいいのか分からない」
「料金はどのくらいかかるの? 」

など、日本の西のはての五島列島へのアクセス方法ってわからないですよね。

そこで、日本各地から長崎県五島市へのアクセス方法とアクセス 料金を分かりやすくご案内します。

長崎県・五島市(福江島)へのアクセス方法

旅サラダ飛行機での五島列島アクセス秋吉久美子

東京や大坂からの五島列島へのアクセス方法ですが、
五島列島の最も大きな島である福江島には空港があり、東京や大坂からは福岡空港での乗り換え便があります。

大阪国際空港南ターミナル/伊丹空港(空港)から五島福江空港までは
福岡空港での乗り継ぎ時間を入れて約2時間35分

飛行機代は 

伊丹空港(空港)⇒福岡空港 30,060円
福岡空港⇒五島福江空港     18,800円

羽田空港から五島福江空港までは
福岡空港での乗り継ぎ時間を入れて約3時間15分

飛行機代は 

羽田空港)⇒福岡空港    48,290円
福岡空港⇒五島福江空港     18,800円

また、五島福江空港へは福岡空港以外にも長崎からの便があります。

長崎空港⇒五島福江空港     11,600円
所要時間30分

日本各地からの五島(福江島)への飛行機でのアクセスは、福岡空港もしくは長崎空港
経由でのアクセスとなりますので福岡空港 長崎空港の時刻表を確認が必要になります。

福江空港発着の時刻表はこちら

旅サラダ五島列島アクセス(車)フェリー秋吉久美子

五島列島へはフェリーを使ったアクセスもできます。

フェリーは
福岡、佐世保、長崎から出ていて福江島以外の有川
宇久平 小値賀へも出ています。

大型フェリーならば車も乗りますので
のんびり旅ならフェリーという手もあります。

これらの港まで車で行ってそこからフェリーという手もありますね。

各港からの行き先への所要時間と料金ですが

五島列島 アクセス 佐世保フェリー

九州商船のフェリーが有川 宇久平 小値賀へ出ています。
各島への所要時間と料金は九州商船のホームページでご確認ください。

五島列島 アクセス 福岡フェリー

福岡の博多港からは 宇久 小値賀 青方 奈留を経由し福江までの便があります。

こちらの所要時間と料金はこちらの野母商船のホームページで確認してください。

五島列島 アクセス 長崎フェリー

長崎からは九州商船で福江・奈良尾・奈留島を経由する便がありますので時間を調整すれば各島めぐりに使うこともできます。

また高速船ジェットフォイルもありますので短い時間で行くこともできます。

詳しくは九州商船のホームページでご確認ください

旅サラダ五島列島アクセス秋吉久美子2018年12月1日

世界遺産

堂崎天主堂(福江島)

浜脇教会(久賀島)

世界遺産の頭ヶ島天主堂は、珍しい石造の教会

 

青砂ヶ浦天主堂 レンガ造り教会の代表

 

冷水教会、大曽教会も新上五島町教会

教会の見学は基本的には事前連絡が必要です。

教会は信者の皆さんにとって大切な祈りの場であって観光施設ではありません。

訪問される際には教会でのマナーをよく守り、お互いが気持ちよく過ごせるように心がけましょう。

<スポンサーリンク>