金沢のカニ面(香箱ガニ)の「おでん」おすすめのお店は!

カニ面って聞いたことがありますか?

カニのお面ではないですよ。
金沢の冬の名物香箱ガニ(ズワイガニのメス)の甲羅に
カニの身や内子・外子(卵)を詰めたおでんダネなんです。

街を歩とおでん屋さんの提灯が目につく金沢は
人口当たりのおでん屋さんの数日本一なんだそうです。

そこで、金沢のおでん屋さんでカニ面のおすすめのお店をまとめてみました。

<スポンサーリンク>

金沢おでん冬の名物香箱ガニの「カニ面」

香箱ガニは別名セコガニやコッペガニとも呼ばれるズワイガニもメスです。
香箱蟹(こうばこがに)は小型なので価格も安く
金沢では甲羅の部分にカニ身や内子・外子を詰め込んだカニ面というおでんネタで親しまれています。

このカニ面は絶対に食べてみる価値有りですよ。

そこで、金沢の冬の風物詩である香箱蟹(こうばこがに)のカニ面のお店を紹介

<スポンサーリンク>

香箱ガニの「かに面」どこで食べられる?おすすめのお店は

金沢の冬の名物 香箱ガニのおでん「カニ面」画像)https://www.travel.co.jp/guide/article/22219/

ズワイガニのメスである香箱ガニですが、金沢などではどこに行ったら食べられるのでしょうか?

まず、香箱ガニは年中食べられるわけではありませんので、解禁の期間に行くことが必要です。

ただ、香箱ガニの場合単価自体安く基本地産地消としてスーパーなどで一頭300円~大きなものせ1000円程度で売られています。単価から考ええば儲けには余りお店で単品で必ず出てくる店舗は少ないそうです。

金沢では香箱ガニは、おでん屋さんに行くとあるそうです。
おでんのネタとして「カニ面」いわれています。

香箱ガニの殻に1匹分の身+卵を詰めてあるのが「カニ面」です。金沢の冬のおでんネタには欠かせないもので近江町、金沢駅周辺、片町近辺でおでん屋さんに行ってみましょう。

「かに面」が食べられるはずです。

「かに面」おすすめの金沢のおでん屋さん

また、「かに面」は身を食べてから日本酒をついで「甲羅酒」にするのがおすすめです!

金沢市の近江町や片町のおすすめのおでん屋さん以下

おでん菊一 (おでんきくいち)
価格帯: 2,000円~5,000円
定休日: 火曜、水曜
営業時間: 17:30~22:30
住所: 石川県金沢市片町2-1-23
電話: 076-221-4676

大衆割烹 大関 (たいしゅうかっぽう おおぜき)
価格帯: 2,000円~5,000円
定休日: 火曜
営業時間: 16:30~22:00頃
住所: 石川県金沢市木倉町1-5 中泉ビル1F
電話: 076-221-9450

三幸 犀川店 (みゆき さいがわてん)
価格帯: 2,000円~5,000円
定休日: 日曜
営業時間: 18:00~0:00(L.O 23:30)
住所: 石川県金沢市片町1-9-8 ベルガモビル102
電話: 076-262-1332

赤玉 金劇パシオン店 (あかだま きんげきぱしおんてん)
価格帯: 2,000円~5,000円
定休日: 水曜
営業時間: 17:00~1:00 (L.O.0:30)
住所: 石川県金沢市片町1丁目7-23
電話: 076-221-6655

笠舞おでんつぼみ (かさまいおでんつぼみ)
価格帯: 2,000円~5,000円
定休日: 水曜
営業時間: 17:00~23:00(L.0)
住所: 石川県金沢市笠舞本町1-1-1
電話: 076-225-8333

ちくわ (ちくわ)
価格帯: 2,000円~5,000円
定休日: 日曜
営業時間: 12:00~14:00、17:30~24:00(L.O.23:00)
住所: 石川県金沢市片町2-10-42 RENNビル 1F
電話: 076-255-0303

おでん高砂のカニ面

カニ面は香箱ガニの身をほぐして甲羅に詰めた逸品です1700円から2000円だ相場(時価)

卵と味噌が詰まったカニ面は冬の金沢ならでの味です。
香箱ガニのカニ面は金沢の冬のおでんれたには欠かせません。

老舗のおでん屋高砂では
香箱ガニの身をほぐして甲羅の中に肉も卵もきれいに詰め直した金沢のおでんネタであるカニ面を出してくれます。

香箱ガニの蟹面は11月から12月の季節限定の品書きで決して安いおちゃんおでんネタではありませんがぜひ金沢に行けば食べておきたいネタです。

昔は香箱が安かったので子供のおやつでしたしかし、今は随分高くなったということです。
毎年9月頃から常連客の予約が入り出しますが、注文に応えきれません。
一人1個の限定にしているそうです。

カニ面は、身や卵を中に入れるまでの手間が大変で1日に50から60個を用意するのが精一杯だそうです。

H3:「香箱蟹」が食べられるお店
H3:輪食の「香箱蟹」が美味しい理由・その1
H3:輪食の「香箱蟹」が美味しい理由・その3

<スポンサーリンク>