未分類

富山湾の『ホタルイカの身投げ2020』はいつが旬

富山県の富山市は毎年ホタルイカの身投げ情報を掲示板で提供しています。ホタルイカは身投げを行うのではなく自然と身投をしてしまうのです。こんな不思議な性質を持っているホタルイカはですが身投げする前に出る光が神秘的だと言われています。富山湾では毎年春になるとはこの不思議なホタルイカを見に人々で賑わいます。

『ホタルイカの身投げ』という現象は産卵が終わったホタルイカは力がなくなってしまいそのまま砂浜にあがってしまうことを指します。ホタルイカは食べるだけではなく見るだけでもきれいです。ホタルイカの神秘的なところを見るために人が集まり、富山湾は観光スポットとしても知られています。

<スポンサーリンク>

富山湾 ホタルイカ漁はいつからいつまで?

富山県のホタルイカ漁は、毎年3月1日に解禁され6月まで続きます。

富山湾では決まった時間に漁をしており、ホタルイカの見るタイミングを見極めたり考えることが出来ます。船は午前3時に出かけてホタルイカがどこにいるか探します。待っている間にカモメが飛んでくるため、カモメがホタルイカを食べる加減を見ながらホタルイカを捕まえます。カモメが来る理由はホタルイカが集まるからだと知っているからです。卵を産む時期は2020年は3月から6月だと想定されており、特に砂浜に出て来るときが多いのが4月から5月だと想定されています。3月と6月は4月と5月と比べてホタルイカは少ない方だと予想されています。月の形も関係しており、三日月や満月にはあまり出て来ず新月によく砂浜の方に出て来ます。

<スポンサーリンク>

富山湾の『ホタルイカの身投げ』場所はどこ?

ホタルイカの身投げが、特に見られる場所は砂浜の海沿いや沿岸沿いです。体力が卵を産むときになくなるかなくならないかの間に砂浜に移動します。移動したときが1番弱っているから海岸沿いよりも遠いところにはあまり行きません。富山湾でも広く見られており、神通川や早月川などの川の近くにも見られる傾向があります。海岸沿いでもムラがあり、多く砂浜にいるのを見られるところと見られないところとあります。富山湾では5ヶ所ほどあり、岩瀬漁港や四方漁港、海老江海浜公園や水橋親水などで集中的に見られます。同じ富山湾でも集中的に集まっていないとあまり見られないため注意が必要です。海よりも砂浜の方で見られる確率が高く、可愛そうなほど自然と沢山打ち上げられています。

富山湾の『ホタルイカの身投げ2020』はいつが旬

ホタルイカの身投げが見られる時期は決まっており、2020年も4月と5月がはよく見られると思われます。4月と5月だから旬は春です。春でも満潮の時間や昼間ではなく深夜によく見られます。春といっても温かいときと寒いときとありますが、ホタルイカの場合は少し温かいときです。風は南風、朝方と夜に月がないことをよく確認する必要があります。夏の暑すぎるときや秋や寒くなる冬は卵を産む季節にあまり向いておらず、殆ど見られません。天気も関係しており、雨が降った日ではなく晴れているときに見られます。波は落ち着いているときに見えやすく、海が濁っている日は晴れでもあまり見られません。卵を産む条件と季節と月の関係が整うと見られる確率が高くなります。

まとめ

ホタルイカがいるからと思い、卵を産む邪魔はしないようにしましょう。ホタルイカの子供は何年か後に神秘的な状態でまた同じところに戻ってきます。ごみがあると卵を産む邪魔になりやすいやめ、ごみや子供に注意する必要があります。また観光のときは混雑する心配もあるため、遠くから行く場合は自宅を早く出ることをおすすめします。漁港は全て入れるのではなく入るのを禁止になっている漁港もあるため、ルールを守り注意しましょう。

<スポンサーリンク>