しぶんぎ座流星群 2020東京のピーク時間と観える方角

「しぶんぎ座流星群」2020年のピークは1月5日明日(5日)の夜明け前2~3時間

三大流星群の一つといわれる「しぶんぎ座流星群」が5日の深夜見られます。

もちろん東京でも観れます。

ピーク時には1時間に20個くらいの流星が見れるそうですよ。

「しぶんぎ座流星群」を東京で観る場合その方角は北斗七星の酌の近くを見るといいと思います。

ただし東京で観測するには明るい町中は避けたほうがよく見えると思います。

また気になる東京の天気はどうなのでしょうか?

<スポンサーリンク>

三大流星群とは?

三大流星群とは

8月に観られるペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群そして1月に観られる「しぶんぎ座流星群」のことを指します。

「しぶんぎ座流星群」

「しぶんぎ座流星群」活発な期間が短いのが特徴です。
なのでピークの時間帯を逃さないことが第一ですね。
また、流星の出現数が年によって変化することで知られています。

<スポンサーリンク>

しぶんぎ座流星群 2020年東京のピーク時間は何時頃

2020年のピーク時間は
1月5日の深夜2時~夜明け前4時頃と予想されています。

これは東京だけでなく全国での観えるピーク時間になります。

東京も含む日本で観察しやすい時間帯は
しぶんぎ座流星群の極大から大きくずれているため、流星の数は少なくなると思われます。

実際のしぶんぎ座流星群極大の時間帯は4日の17時くらいと予想されています。東京はじめ関東はこの時間に星は観えるのですが放射点の位置が水平線から低いためにこの時間帯には流星は見えないと思われます。

東京地区などで流星の観えるピークは5日の深夜となります。

時間帯は極大からずれていますが、それでも流れる流星の数は、空の暗い場所で1時間あたり最大20個程度となりそうですので
3分に1つくらいの頻度で流れ星が見えるわけです。

見たい方は早めに寝て深夜に起きましょう。

しぶんぎ座流星群 2020見える方角は?

しぶんぎ座流星群から流れる流星は放射点を中心に放射状現れます。

なので、東京でも流れ星はどちらの方向にも現れます。

一方向に偏らずなるべく空の広い範囲を見渡すようにするといいと思います。

ちなにみ放射点は北斗七星の手酌の柄の位置の近くになりますので
北斗七星を探すのが良いかもしれません。

月明かりもなく絶好の天体観測条件

また、流れ星は暗いとこでの観測がポイントになりますので明るい町中では見えにくいかもしれません。

そういった意味では東京の都心部だとなかなか見ずらいのではないでしょうか?

その点では5日の深夜は月明かりの影響が無いためいい条件となりそうです。

なので東京ではなるべく視界がひらけた明かりのない場所での観測がおすすめです。

ただ、地域によっては雲りや雨・雪の影響で見えにくいかもしれませんね。

東京地区の天気はどうなのでしょうか?

東京地区5日の深夜の天気が気になる

【北海道・東北・北陸】日本海側は雪となり星空を観察するにはあいにくの天気です。
太平洋側は晴れなのでいいかも
【関東・東海】曇りや雨 雪の所があるでしょう
夜明け前は晴れるところも。

ということで東京地区は微妙ですね。

ちなみに関西や九州地区は絶好の観測チャンスとなりそうです。

【近畿~九州】晴れしぶんぎ座流星群を見られるチャンスです。
【沖縄】   晴れしぶんぎ座流星群を見られるチャンスです。

しぶんぎ座流星群2020東京で観る まとめ

しぶんぎ座流星群の観れる2020年ピーク時間は
1月5日の深夜2時~夜明け前4時頃と予想されています。

方角は放射点から全方向に流れ星が観られます。

5日の深夜から明け方にかけては月明かりも無く流星を見るには絶好のチャンスですが地域によっては
曇りや雨雪の天候で見れないところもありそうです。

しぶんぎ座流星群が見ごろ2020年の

<スポンサーリンク>