お歳暮・お中元を「やめる」方法と上手な断り方について

お歳暮・お中元を「やめる」方法と上手な断り方について

毎年、慣例的にお歳暮やお中元を贈っているけれど、付き合いも疎遠になってしまったからやめたいなと考えている人も多いのではないでしょうか。

でも、前まで欠かさず贈っていたのに、急にやめるのは失礼なのでは…?と不安に感じてしまいますよね。
相手も何かあったのかなと心配になる場合もあります。

贈る相手に失礼にならない、お歳暮やお中元をやめる上手な断り方をご紹介します。

<スポンサーリンク>

お歳暮・お中元をやめる時のマナーについて

義務感や恒例だからと言ってお歳暮やお中元を贈ることはあまり良いことではありません。
本来、両方ともお世話になった感謝の気持ちや相手を思う気持ちを込めて贈るものです。

だからと言って、急に年二回贈っていたものをやめた場合、「何かあったのかな」と相手を心配させてしまうでしょう。
しかし、相手からはどうしたのか聞くことはほぼできないので、お互いに気まずい関係になってしまうことがあります。

こうならないためにも、お歳暮やお中元をやめるタイミングやマナーを知ることは重要です。

どのようなタイミングでやめるのがいいのか

お歳暮やお中元をやめるタイミングは、「やめよう」と思った時です!

お付き合いが疎遠になっている場合や、十分に感謝の思いを伝えたと感じる場合は思い切ってやめてみてはいかがでしょうか。

義務的に贈っているのであれば尚更、すぐにやめた方がいいでしょう。
例えば、結婚式の仲人へ贈っている場合、目安は3年程度と言われています。
また上司や同僚などの場合は、仕事の関係に区切りが付いているのであれば、やめるタイミングでしょう。

<スポンサーリンク>

上手にお歳暮・お中元をやめる方法

しかし、いきなりお歳暮とお中元をやめるには抵抗がありますよね。

付き合いが薄い状態であればそれでも問題にならないかもしれませんが、徐々にやめていくことで、相手に対しても失礼にならずに済みます。

例えば、今まで年二回お歳暮とお中元を贈っていた場合は、お中元をやめて暑中お見舞いを出し、お歳暮は贈るという形をとってみてはいかがでしょうか。
その後はハガキでの挨拶に移行し、気になるのであればお土産やお年賀などを贈るという方法もあります。

お歳暮・お中元をやめたい理由は

恒例として贈っている場合、なかなか断ることができず悩んでいる人も多いですよね。
特に引っ越しや転勤・転職で職場や環境が変わったタイミングがあると、「これを機にやめたい!」と考える人もいるでしょう

相手から「今後はお気遣いなく」と言われれば、その言葉に甘えさせてもらうこともできますが、いざやめるとなると躊躇してしまいます。

最近では形式的なことにとらわれたくないと感じる人も多く、またお返しに困るので必要ないと感じている人も多いようです。
もしかしたら、相手も実はお歳暮やお中元を断りたいと思っているかもしれません。

お歳暮・お中元の上手な断り方は

あなたがお歳暮やお中元をやめたいと思っていても、相手から贈られてくるとそうもいきませんよね。

そんな場合にはお歳暮やお中元に付けるお礼状に辞退する旨を書いておくとスムーズです。

このお礼状には、まず先方への厚意に対する感謝を伝えることが大人のマナーとして大切です。
それから今後は辞退したいという旨をやんわり伝えましょう。

相手の厚意を無下にしないように取り組む姿勢と配慮をもって手紙にしたためましょう。

それでは具体的なお礼状の例文を紹介します。

①頂いた、お歳暮・お中元の返しを辞退する手紙例文

○○様、ご家族様、お変わりありませんか。
おかげさまでこちらも皆元気に過ごしております。
さて、このたびは結構なお品をお贈りいただき、誠にありがとうございました。
いつも何かとお心にかけていただき心より感謝申し上げます。
日ごろあまりお役にも立てませんのに恐縮しております。
どうか今後はこのようなお気遣いをなさいませんように、お願い申し上げます。
これからは気兼ねなくお付き合いいただければと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。
時節柄、ご健康にお気をつけてお過ごしください。

まずはいただいた贈り物への感謝の気持ちを伝えましょう。
相手があなたを思う気持ちに対しても感謝の気持ちを綴ると良いでしょう。

②お歳暮・中元を今年限りにさせていただく手紙例文

拝啓
○○の候、××様に置かれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
この度はご丁寧にも結構なお品を頂戴し、大変恐縮しております。
お気持ちには感謝するばかりですが、今後はどうかこのようなお心遣いはされませんようにお願い申し上げます。
〇〇様も時節柄くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。
略儀ながら書面をもってお礼お詫び申し上げます。 敬具

疎遠になっている人への例文です。
感謝の気持ちと相手を気遣う気持ちを忘れず文面にしたためましょう。

<スポンサーリンク>