お歳暮の読み方と意味や由来、お中元との違いはあるの?

古くから日本に定着しているお歳暮ですが、なんとなく毎年時期が来たからという理由で贈ってはいませんか?

お歳暮という習慣は海外ではあまりなく、日本ならではの文化として広く知られていますが、もともとの意味や由来を知らない人は多いです。

今回はお歳暮の読み方から意味、由来などの基本的なことから贈る時期など、改めて知っておきたいポイントをお伝えします!

<スポンサーリンク>

お歳暮の読み方と意味について

昔からある風習だから、慣例的に行っている人も少なくありませんが、そもそもどのような意味合いで贈るものなのでしょうか。

お盆の時期に贈るお中元も同じように広く根付いている文化なので、贈る時期や意味合いが分からない人も少なからずいるのでは?

まずはお歳暮の読み方や意味について知っていきましょう!

読み方

お歳暮の読み方は「おせいぼ」です。

歳暮(せいぼ・さいぼ)というのは、年(歳)の暮れを意味しており、年末には「歳末セール」などと聞くことが多い言葉ですよね。
一年の終わりにあたる12月末、大晦日にかけて「歳暮」と呼び、この時期に贈られる贈り物に対して「お歳暮」と呼びます。

意味

地域によって若干の時期の違いがみられますが、その一年お世話になった人へ感謝の気持ちや、健康を願う気持ちを込め、一年の締めくくりに贈るものです。

お歳暮は日ごろからお世話になっている取引先などに一年の最後の挨拶として広まりましたが、取引先だけでなく親しい間柄の友人・知人、両親に対しても贈るものでもあります。

<スポンサーリンク>

お歳暮の由来は何なの?

お歳暮の歴史は古く、もともとはお正月に先祖の霊を迎えるためにお供え物をする風習が日本にはあったことからはじまります。
結婚などで家を出た人たちが、年末に本家・実家に先祖の霊や年神様のための供物を持ち寄っていました。
その後、なかなか帰省できない人から供物として本家に贈るようになり、お歳暮として広がっていったと考えられています。

お歳暮とお中元の由来は同じ?

お歳暮とお中元は一見似ている風習に思いますが、それぞれの由来は違います。

お中元は中国の年中行事「盂蘭盆会」によるものとされており、これが仏教と共に日本に伝わり、お盆の時期に贈り物のやり取りをするようになったとされています。

どちらもお世話になった人へ贈るもので、お歳暮は一年の感謝や挨拶を意味していますが、お中元は相手の健康を願う意味合いが強いようです。

お歳暮の時期

お歳暮を贈る適切な時期は、関東と関西で若干の違いはありますが、「正月事始めの日」である12月13日から20日と言われています。

お歳暮が届く時期が遅くなると、海外で年越しをする人もいるので、かえって迷惑になる場合があります。
なので、12月20日頃に届くよう手配することが無難と言えます。

しかし、最近では11月の内に準備を始め、11月末に発送する人も増えてきているようです。

お中元の時期

お中元も地域によって贈る時期が分かれるので、事前に相手の住んでいる地域を確認する必要があります。

関東や東北、北陸地方の場合7月1日~15日の間とされていますが、北海道や東海、関西中国、四国地方では7月中旬~8月15日という認識が広まっています。
一番時期が遅いのは九州地方で、8月1日~15日となっています。
また沖縄の場合、旧暦に合わせて贈るため、事前に旧暦を確認する必要があります。

両者の違いは

お歳暮とお中元の大きな違いは贈る時期にあります。

お盆の時期に贈るのは「お中元」、一年の最後に贈るのが「お歳暮」と覚えておきましょう。

どちらも贈るものには違いはありませんが、夏場の時期のお中元は素麵や氷菓子、冬場のお歳暮は正月料理に使える生鮮食品が喜ばれる傾向にあります。
おおよそ3,000円~5,000円が相場とされており、相手の負担にならない金額で抑えましょう。

まとめ

お中元もお歳暮も古くから日本に根付く慣習ですが、それぞれに贈る時期や意味合いがあるということが分かりましたね。

最近では贈る物もバリエーションが豊富になっています。
つながりが希薄になってきた現代だからこそ、なかなか会えない方やお世話になった大切な人へお歳暮を贈ってはいかがでしょうか。

<スポンサーリンク>