「秋の七草」って「粥」にするの?春の七草との違いは

春の七草と秋の七草、どちらも春や秋が来たことを思わせてくれますよね。
春の七草は1月7日に七草がゆとして食べることで良く知られています。

1月7日が近付くと、スーパーの食料品売り場に春の七草が並んでいます。

パックにセットになっているものが販売されているので、七草を手軽に
そろえることができますね。

しかし秋の七草は春のようにお粥にして食べるという話は聞いたことがありません。
春の七草と秋の七草の違いを調べてみました。

<スポンサーリンク>

春の七草について 春の七草粥は有名ですよね

まずは春の七草をおさらいしましょう。七草がゆにすることで、年末年始に食べ過ぎた
お腹を休めてあげるという意味があるとされている七草がゆは、厄払いの意味や無病
息災の願いも込められているとされています。

春の七草は、「せり」「なずな」「ごぎょう」「はこべら」「ほとけのざ」「すずな」「すずしろ」
です。

栄養価も高い野菜なので七草がゆを食べると病気になりにくい体になると言われているのです。
春の七草の特徴をご紹介します。

【せり】セリはセリ科の多年草です。消化を助けてくれる働きがあるとされています。
食べ過ぎて胃もたれしないようにしてくれます。

【なずな】なずなはアブラナ科の越年草です。

ぺんぺんぐさとも呼ばれていて、昔遊んだことがある人もいるのではないでしょうか。視力回復効果や五臓の働きを助けるのに効果的とされています。

【ごぎょう】ごぎょうはキク科の越年草です。咳をしずめる作用や解熱効果があるとされています。

【はこべら】はこべらはなでしこ科の越年草です。排尿を助ける、丈夫な歯茎を育てるのに
役立つとされています。

【ほとけのざ】ほとけのざはキク科の2年草です。歯が痛くなった時に痛みを抑えてくれると言われています。

【すずな】かぶらとも呼ばれています。消化促進作用、しもやけの解消などに良いです。

【すずしろ】大根の事です。胃を健康にしてくれます。咳を抑える効果もあると言われています。

すずなは蕪、すずしとは大根となっていて、とても身近な野菜も含まれていることが分かりますね。

細かく刻んでお粥に入れて食べると七草の良い香りが楽しめます。

<スポンサーリンク>

秋の七草について 秋の七草粥ってあるの?

秋の七草は、七草がゆにはしません。

秋の七草とは、はぎ・おばな・くず・なでしこ・おみえなし・ふじばかま・ききょうに
なります。

この中で食用として加工して利用されているものもありますが、食べないもののほうが多いです。

【はぎ】はぎはマメ科の植物です。ピンク色の可愛い花が咲きます。

【おばな】おばなはイネ科の植物です。

【くず】くずはマメ科の植物です。葛粉を使用したくずもちや葛湯が人気となっています。

お菓子やお料理で使われていますし、医薬品にも配合されています。

【なでしこ】なでしこはナデシコ科の植物です。清楚な雰囲気の花が咲きます。

【おみえなし】おみえなしはオミエナシ科の植物です。薬用としても用いられています。

【ふじばかま】藤色のきれいな花が咲くふじばかまはキク科の植物です。

【ききょう】痰を出しやすくしたりする働きや咳をしずめる働きがあるとされています。

トローチなどにエキスが配合されています。

春の七草はお粥にして栄養を取り入れたり、胃を休める働きがありますが、秋の七草は
七草がゆにしないでそのものを見て楽しむ、観賞用になります。

秋の七草はどこで買えるの?

秋の七草は鑑賞用となっていますので、自宅で鑑賞するためにお花屋さんで購入したいという人もいるかもしれません。

秋の七草はお店で買えるのでしょうか。

調べてみたところ、一部は購入することもできるのですが購入できない七草もありました。

秋の七草を花屋さんで揃えるのは難しいかもしれません。

川沿いや山で取れるのもあるようです。

秋の七草粥 春の七草粥

<スポンサーリンク>