秋の七草の由来は?また、何のために選ばれた

秋の七草って知っていますか?春は知っているけれど秋も七草があるの?と
思われた人もいるかもしれませんね。

春の七草は七草がゆにして食べるのでスーパーで並ぶ事も多いのですが、
秋の七草は食べないのでスーパーで見かける事は少ないかもしれません。

秋の七草って何があるのか、何のために選ばれたのか調べてみました。

<スポンサーリンク>

秋の七草の由来は?

秋の七草の由来は昔詠まれた和歌にヒントがあるとされています。
万葉集は皆さんご存知ですよね。

この万葉集の中に、山上憶良が詠んだ和歌があるのですが、その中の2句が
秋の七草の由来とされています。

【万葉集より】

秋の野に 先たる花を指折り(およびおり)かき数うれば 七種(ななくさ)の花

萩の花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(をみなへし) また藤袴 朝貌の花

この2句で秋の七草が詠まれています。そしてそれらを鑑賞していたという事が分かります。

山上憶良は、奈良時代の歌人です。山上憶良は庶民についての歌や家族の歌などを詠んだことでも有名です。多くの人が共感した歌を詠んだ歌人でしたので、秋の七草についての歌も今も受け継がれて秋の七草として親しまれているのでしょう。

1つ目の歌では、秋の七草は7種類あると伝えています。そして2つ目の歌では秋の七草を紹介しています。桔梗が出てきていないのですが、朝貌が桔梗の事では無いかと言われています。

<スポンサーリンク>

秋の七草は鑑賞用

春の七草とは違い、秋の七草は鑑賞するものとされています。

美しい七草を鑑賞し楽しむ事で自然のありがたさを感じる、季節の移り変わりを感じるものになります。秋の七草は鑑賞用ですが、一部の植物は薬草としても使われています。

昔から様々な形で親しまれていたものが選ばれていることが分かります。

秋の七草の特徴について

秋の七草をまとめておきます。
秋の七草は見てみると、意外と知っているものもあるのではないでしょうか。

 萩(はぎ)

草地や林でよく見かける萩は全国で見ることができる植物です。
7月から9月に紅紫色の可愛い花が咲きます

 薄(すすき)

イネ科の植物です。長く細いすすきは最近見かけることが少なくなってしまっていますが、
山野に行けば見ることができる場所もあります。満月とすすきの組み合わせは秋の定番ですね。長いものは高さ1.5メートルまで成長すると言われています。

葛(くず)

葛は葛粉として和菓子作りにも使われています。葛湯もありますね。
マメ科の植物で紫色の花が咲きます。
根っこはお薬としても利用されていて葛根湯が有名です。

撫子(なでしこ)

7月から9月にかけて淡い紅色の花が咲きます。日当たりの良い場所で育つ花で草地や河原で見かけることができます。

女郎花(おみなえし)

黄色い小さな花が8月から10月にかけて開花します。少し変わった香りの花が咲きます。

藤袴(ふじばかま)

とても良い香りの植物です。花の形が袴に似ているので藤袴と呼ばれています。
野生のものは現在ほぼ見ることができないとされていてとても貴重な植物です。
薄紫色の花が8月から9月にかけて咲きます。

桔梗(ききょう)

絶滅危惧種に指定されている植物です。可愛らしい青紫の花が咲きます。
星のような形をした花が咲くのが魅力的です。
ご紹介したものが秋の七草になりますが、実は秋の七草はもう1パターンあると
されています。

それらは1935年に毎日新聞社(当時は東京日日新聞)が作ったもので、著名人7人が選んだものを秋の七草にしたとされています。

選ばれた七草は、コスモス・オシロイ・ヒガンバナ・シュウカイドウ・ハゲイトウ・
アカノマンマ・キクとされています。

こちらはそこまで知られている七草ではありませんが、秋の七草は2タイプあるのだと
知っておいても良いかもしれませんね。

秋の七草 由来 秋の七草 何のために選ばれた

<スポンサーリンク>