海水浴の持ち物!家族子連れで便利なものリスト

夏の家族旅行と言えば、何と言っても海や山が定番です。幼い子供や、小学生の子連れの場合には、その中でも海での水遊びを楽しまれるケースが非常に多いと言えます。
そんな夏のレジャーをより楽しく、また安全に楽しむために、海水浴に持参されると便利なグッズがいくつもあります。本記事では、そうした便利グッズを紹介したいと思います。

<スポンサーリンク>

海水浴に持参すると便利な子供のための持ち物

海水浴で子供が安全に楽しく遊ぶために持参すべき持ち物としては、海岸の暑さや紫外線から守るためのグッズがまず挙げられます。
そうした持参すべきものとしては、日除けの簡易テントとレジャーシートがあります。ここをベースとして楽しむと安心です。レジャーシート1枚では砂の暑さが伝わるので、遮熱シートを1枚挟み込むとさらに快適になります。

子供の海岸での遊びをサポートするグッズとしては、ラップタオル・サンダル・子供用日焼け止め・ラッシュガード・浮き輪・フラップ付き帽子等を持参すると良いでしょう。海に入る事だけでなく、海岸で砂遊びに興じる事も考えて準備する事が大切と言えます。さらに、帰路に着く時の下着や着替えも持参するのが良いでしょう。

また、様々に活用できるビニール袋数枚・ウエットティッシュ・飲料水・簡単な救急グッズとして消毒液や傷用軟膏や絆創膏等も子連れの海のレジャーには持参すべきと言えます。
行き帰りをエアコンの効いた車で過ごし、暑い海岸で遊んでいると、幼い子供は熱を出す事もしばしばありますし、熱中症対策としても利用できる熱を冷ます市販の冷感シートも持参すると安心です。

<スポンサーリンク>

子連れでの海水浴に持参すべき親のための持ち物

子供が楽しく遊べる準備が重要で、まず上記の様なものを持参すべきと言えます。その一方で、親は子供が安全に遊べるように見守り続ける事になるので、自分達の事にも目を向けて持参品を考える事も大切です。

子供と同様に、日焼けから自分の身体を守るサンダル・ラッシュガード・日焼け止め・サングラス
等は絶対持参すべきです。

また海辺で子供と遊び、海水を浴びる事も考えられるので、いくつかの対応準備のグッズを用意して持参すると便利です。
まず3千円程度を事前にコインに替えておき、それを水に濡れても良いビニール製の小銭入れやコインケースに入れて持参すると、海の家や自動販売機でちょっとした買い物をする際に便利です。
またスマホを持っておきたい方は、首から掛けられる防水スマートフォンケースを持参するのがお勧めです。
小銭入れと防水スマホケース等を個別に持つのが嫌なら、腰に付けられる防水ポーチを利用し、スマホや小銭や色々な小物を入れて持ち歩けるようにすると良いでしょう。

子連れでの海水浴に持参すべき持ち物リスト

子連れで海水浴を楽しむ場合には、子供用のグッズや、それを見守る親御さん用の多くのこまごまとしたグッズを持参する必要があります。
そこで忘れ物をしない様に、持ち物リストを作成し、それをチェックリストとして活用されるのがお勧めです。持参すべき持ち物リストとしては、上記に解説した下記の品々が上げられます。

ベース拠点用の持ち物:

簡易テント・レジャーシート・遮熱シート

子供用の持ち物:

ラップタオル・サンダル・子供用日焼け止め・ラッシュガード・浮き輪・フラップ付き帽子・着替え用下着や服・ビニール袋数枚・ウエットティッシュ・飲料水・簡単な救急グッズ

大人用の持ち物:

サンダル・ラッシュガード・日焼け止め・サングラス・バスタオル・ビニール製小銭入れ・スマートフォン防水ケース・防水ポーチ

まとめ 子連れで海に出かける場合には、子供用と共に親用も忘れぬように!

子連れで海のレジャーに出かける場合には、子供の安全や楽しみのためのグッズと共に、それを見守る親用のグッズも忘れぬようにすべきです。そのためには、持ち物リストを作成し、それを
チェックリストとして準備するのがお勧めです。

海水浴 持ち物 子連れ 海水浴 持ち物 便利
海水浴 持ち物 リスト
<スポンサーリンク>