初盆の香典金額 身内の相場は?郵送やお返し、袋の書き方について

四十九日を終えてはじめて来るお盆が初盆です。初盆の際には僧侶を招いて
法要を行いますが、この際に身内だけでなく親戚も招く場合があります。
招かれた際にはお香典を持参しなければいけません。
お香典を受け取る側の場合はお返しも渡さなければいけません。
初盆の際のお香典やお香典返しについてまとめてみました。

  • 初盆の香典金額身内はいくらくらいが相場なのか
  • 初盆の香典の袋の書き方
  • 初盆の香典金額 身内行けない場合郵送でも良いのか
  • 初盆の香典身内のお返し物の金額は
<スポンサーリンク>

祖父、祖母、親、兄弟など身内の初盆香典で包む金額やお返しは?

祖母や祖父、親、兄弟など身内の初盆に招かれた際のお香典の金額は
年齢によって異なってきます。例えば20代で祖父母の初盆に出席する場合は
相場は3千円~1万円くらいとされています。一般的には3千円~1万円で用意される
ことが多く、4千円や9千円など不吉なイメージのある金額は用意しないようにと
言われています。出席するときの自分の年齢や家庭の事情、お相手との関係性も考えて
包む金額を決めましょう。関係性が深い親族の場合は、1万円~3万円包む場合も
あります。

お香典とは別にお供え物も用意して持参することもありますので周りの人が持参される
ようなら用意したほうが良いです。

初盆の後にお食事会がある場合は、お食事会の金額もお香典で渡す金額に足して入れて
おくと良いです。
お食事会はだいたい1人5千円を目安にしておくと良いでしょう。

<スポンサーリンク>

初盆のお香典袋の書き方は?

初盆の際にお香典を渡す時、お香典袋の表書きはどのように書くのが良いのでしょうか。
お香典袋には「御仏前」と書くのが初盆の際の正しい書き方になります。
濃い色の墨を用いて書きますが、無い場合は筆ペンを使うと良いでしょう。
下段は自分のフルネームを記載します。水引きは黒白や双銀の結び切りを使うのが
一般的です。
中に入れるお札は新札ではなく折れ目が入っているお札を用意します。ただしあまりにも汚れているもの、見ためが良くないものは失礼になりますので注意しましょう。

初盆に参加できない場合のお香典は郵送して良い?

身内の初盆に参加できない場合は郵送でお香典を送っても良いのでしょうか。
郵送することは問題ありませんが、郵送の際には普通の封筒を使うことができません。
これは郵便法という法律で現金を封筒で送ることが禁止されているからです。
ではどのように送れば良いのでしょうか。

現金を送る場合には現金書留封筒を使います。
現金書留用の封筒は使いますが、そこに直接お金を入れるのではなく香典袋に入れた
現金をさらに現金書留封筒に入れて送ります。

香典袋は持参する時の袋と同じで問題ありません。
現金書留用の封筒は市販されていますが、市販のものを使うと香典袋が
入れにくい場合があります。郵便局に行けば大きいサイズの封筒がありますので
そちらを利用しましょう。

香典とともに出席できないお詫びの言葉なども添えて送りましょう。
郵送の場合は、初盆に間に合うように送ってください。前日または2日前くらいに
届くようにすると良いです。

初盆のお香典返しの相場は?

初盆の際の身内へのお香典返しはどれくらい用意すれば良いのでしょうか。
一般的には頂いた金額と同等の額でお返しすると言われています。
初盆のお香典返しは現金と品物でお返しを用意します。

身内からお香典をいくら受け取ったのかは当日確認できないので、品物は
それぞれ同じものを用意して、後は頂いたお香典の額に相応する額を
個別にお送りするというのが良いでしょう。この際に現金で贈る場合もありますが
最近はカタログギフトを選ばれる人も増えています。

好きな品物やサービスを選んでもらうことができるので喜ばれると言われています。現金の場合は現金書留を利用しなければいけませんが、カタログギフトならそのまま送ることが可能です。

初盆 香典 金額 身内 初盆 香典 金額 身内 袋
初盆 香典 金額 身内 郵送
初盆 香典 金額 身内 お返し
<スポンサーリンク>