読書感想文「一年生」書き方について!小学校低学年読書感想文が簡単に書けるコツを紹介!

小学校の夏休みの宿題で読書感想文が苦手だったという人も多いのではないでしょうか。
お子様に読書感想文の書き方を聞かれたら教えることはできますか?
特に小学校一年生は初めての読書感想文になりますから、どうやって書いたらいいのか
悩んでしまうことでしょう。

  • 一年生 読書の方法
  • 小学一年生 読書読書感想文書き方

小学校一年生でも悩まずに読書感想文を書いていけるコツや方法についてまとめてみました。
お子様に教えなくちゃいけない・・と頭を悩ませているママもこれを読んで教えてあげてくださいね。

<スポンサーリンク>

読書感想文 一年生 書き方について

小学校一年生の場合、読書感想文は難しいことを書く必要はありませんし、文章も
まだ沢山かけない年齢なのできちんと書こうとかしっかり書こうとしなくても
大丈夫です。
大切なのは本を読んでどんなことを感じたのかを伝えることができるという事です。
次のような感じで書いていくと良いでしょう。

<スポンサーリンク>

読書感想文一年生の文の構成について

まずはその本を読んでみようと思ったきっかけがあれば書くようにします。
課題図書を選ぶ場合でも沢山の本の中からこの本にしようと決めた理由があると思います。
もしかしたら表紙の絵が可愛いというような理由もあるかもしれませんので、
特別な理由がないなら選んだ理由は触れなくても大丈夫です。

感想文の最初に本のあらずじを簡単に書いておきます。
あらすじを書いてから感想を書いていきます。

感想を書くときには、どんなシーンが印象的だったのか、そこで何を感じたのかという
ことを書いていくようにします。

主人公の考えと自分の考えが違う場合はそこも書いていくと良いでしょう。
本を読んだことで自分の中に変化が起きた場合は、そのようなことにも触れていきます。

例えば毎日の生活で取り入れてみようと思ったことなどがあればそれを書きます。
本から学べたことをまとめていきます。

このように書ければ良いのですが、一年生なので最初からしっかり書くのは難しいです。
本から学べたことはもし書けそうなら入れると良いです。
一番はどんな感情が沸いたかという点です。

小学校一年生の読書感想文でママが手伝えることは?

お子様の夏休みの宿題なので、できるだけ本人の力で仕上げて欲しいものですが、
どうしても困っているようならママが手助けしてあげることはできます。
手助けする方法として、お子様に本で何が一番面白かったのか聞いてみましょう。
どのシーンが面白かったのか?または悲しかったのか?など感情を思い出させて
あげてください。

そしてそのシーンをお子様が話してくれたら、それをそのまま話してあげて
メモするように伝えてください。そのまま感想文に入れていくことができます。
あとは登場人物で自分に近い考えを持っている人は誰?ということを聞いても
良いですね。そしてそれはなぜなのか、どういうところが似ているのかなど
聞いてあげると感想文に入れやすくなります。

難しく感じる感想文もお母さんとお話ししている中で書くヒントを自然に
出せるようになります。

ここはママの腕の見せ所にもなりますがお子様の読んだ本を一度読んでおいてあげると
より感想を引き出してあげやすくなりますのでやってみてくださいね。

小学校一年生の読書感想文が完成したら

読書感想文が完成したら褒めてあげてくださいね。お子様も褒められれば
感想文を書くのが楽しくなっていきます。小学校の感想文は低学年だけでなく
高学年まで夏休みの宿題となっていますので、最初に嫌な思い出にしないことが
大事です。

本を読むのが好きなお子様なら感想文を書くのも好きになってくれるでしょうし、
本を読むのが苦手なお子様も感想文を書いているうちに本を読むことが好きになる
かもしれません。感想文が苦手という意識を持たせないようにしてあげましょう。

<スポンサーリンク>