ひたち海浜公園ネモフィラ所要時間と営業時間

世界の絶景に選ばれたネモフィラが咲き誇るひたち海浜公園の「みはらしの丘」はご存知ですか?

ひたち海浜公園ネモフィラの所要時間と営業時間の情報を紹介します。

<スポンサーリンク>

ひたち海浜公園世界の絶景ネモフィラ見学の所要時間と営業時間

海外からもSNSで拡散されて注目を浴びている日本の絶景があります。
ひたち海浜公園のネモフィラの畑です。

ひたち海浜公園のネモフィラの畑は
青色の絶景空とつながる丘として海外のメディアにも紹介されました。

ネモフィラとは
北アメリカ原産の一年草で春に淡青色の花を咲かせる植物です。

その数はなんと450万本
まさに日本が誇る世界の絶景です。

首都圏に近いところなので、
ひたち海浜公園のネモフィラの畑一度は行ってみたいですよね!

ネモフィラの畑の所要時間とひたち海浜公園の営業時間は?

<スポンサーリンク>

ひたち海浜公園ネモフィラ営業 時間

ひたちなか公園の開園時間は季節によって変わります。

ネモフィラの咲く4月から5月を含む
3月1日から7月20日までは開園時間は朝の9時30分から17時までです。

休園日は毎週月曜日月曜日が祝日にあたる場合は翌日の火曜日が休園日となります。

また、ネモフィラの咲く3月26日から5月31日までは毎日開園となっています。

なので、平日の月曜日などは穴場で
お勧めではないでしょうか。

東京駅を起点とすると車での所要時間は約何時間

ひたち海浜公園のネモフィラのシーズン交通手段は
車で行くかJRの電車で行くか悩ましいところです。

ひたち海浜公園ネモフィラJRの所要時間

JRで行く場合は勝田駅から、ひたち海浜公園までバスを使います。

勝田駅で下車すると、ひたち海浜公園まで直通のバスがあります。

バスの運賃往復運賃+入園料がセットになった券もバス停で販売されています。

  • セットの料金は大人1枚1200円
  • バラで買うとバスは片道400円で入園料が大人が410円です。

電車やバスの利用もネモフィラの見頃の時期には大変な混雑を見せます。
平日でもかなりの混雑なので休日やゴールデンウィークは覚悟していく必要があるでしょう。

また、東京駅から勝田駅までは特急の本数が少なく、この時期は席が満席になることが考えられます。

ひたち海浜公園ネモフィラの車での所要時間と迂回策

車で行く場合は大変混雑します。特にゴールデンウィーク中の混雑はすごいものがあります。

なのでゴールデンウィーク中は特に「国営ひたち海浜公園」の最寄である「日立海浜公園インターチェンジ」ではなく「常陸那珂港インターチェンジ」で降りるのが良いでしょう。

距離的にはひたち海浜公園インターチェンジより5キロ程遠くなりますが、それでも混雑は少なくなります。

いずれにしてもゴールデンウィークの期間は車は大変混雑します。

やはり見頃の4月中旬から5月中旬までの平日を狙っていくほうがいいでしょう。

ひたち 海浜 公園 ネモフィラ 日帰り バス ツアー

ひたち 海浜 公園のネモフィラの見頃の時期には日帰り バス ツアーもあります。

ひたち海浜公園 ネモフィラ ライトアップの営業時間は?

昼間はピクニック気分でお弁当などを持っテゆけるひたちなか公園ですが夜は園内の
ライトアップも楽しめるようです。

ところでネモフィラののライトアップは楽しめるのでしょうか?

調べてみたところライトアップが楽しめるのはコキアでライトアップ期間は8月の中旬のようです。

まとめ

いかがでしたか
今回は、「ひたち海浜公園 ネモフィラ」についてご紹介しました。

ネモフィラの咲く時期がゴールデンウィーク中とあって「ひたち海浜公園」は大変混雑するようです。

やはり、人混みを避けておすすめは平日ということですね。

<スポンサーリンク>